2018年12月30日更新

化粧品による白斑の原因

白斑を気にする女性美白効果が高い成分の中には肌に透明感を与え、明るくする効果があります。
肌にシミやくすみができる原因は、角質層にメラニン色素が過剰にできて蓄積されるからです。
このメラニン色素の産生を減少させて、活性化を防ぐことができる成分があります。
この美白ができる成分が含まれている化粧品によって、白斑ができる原因になっています。
このような美白成分は何種類かあり、白斑ができる人もいれば、できない人もいます。
つまり人によって効果が変わることがあり、その因果関係はまだ分かっていない部分があります。
その例として、海外の芸能人が実際に使って、肌を白くさせた実績があります。
それは美白効果が高い成分には、白斑を起こす可能性がありますが、人によってその効果が変わってくることを意味します。
このような化粧品に含まれた美白効果の高い成分によって、白斑が起きてしまった原因として、肌の一部にだけ浸透性が高かったことが挙げられます。
そして白斑ができたということは、実際に肌を白くさせる効果があったということになります。
ただし肌への浸透性が異なったため、白斑ができてしまったことになります。
つまり美白効果はあるが、肌への浸透性が異なったことにより白斑ができたことになります。
まだ美白効果のある化粧品と白斑の因果関係は分かっていない面があります。
これから原因が分かることで、より高い美白効果を得る化粧品が登場することになります。