2019年02月07日更新

目周りのシミのケア方法

紫外線を浴びてしまうと肌の内部に活性酸素が発生し、シミの原因となるメラノサイトが刺激を受けて、メラニンが作られます。
顔の中でも一番皮膚が薄いのが目の周りなので、紫外線を浴びてしまうと目の周りにシミができやすくなってしまいます。
目の周りのシミを気にする女性また、目元メイクをしたりクレンジングをする時に擦ってしまったりなど、肌に刺激を受けると、肌を守るためにメラニンが作られてシミになってしまいます。
目周りのシミのケア方法としては、美白効果のある美容液などでお手入れするのが大切です。
有効なのが、ビタミンC誘導体が配合されているものです。
メラニンの生成を抑える働きがあるため、新たなシミを作らせない効果があります。
また、ビタミンC誘導体には還元作用があり、できてしまったシミを薄くする効果もあります。
通常のビタミンCと違って分子量が小さく安定化されているので、浸透力が高く肌の内部から働きかけてくれます。
目の周りはデリケートなので、塗る時には刺激を与えないように優しく塗るのがポイントです。
また、目の周り専用の美白美容液やクリームなども販売されているので、スポット的に使用することができて、とても便利です。
肌のターンオーバーは28日なので、少なくとも1ヶ月は継続して使うのがおすすめです。